読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本で、4局目のさいがいエフエム局 「ましきさいがいエフエム」

 

 熊本の益城町で4局目となる臨時災害放送局が開設されました。

 

 「ましきさいがいエフエム」です。

 

www.town.mashiki.lg.jp

 

 益城町のホームページ自体が災害情報モードになっています。

 

 ましきさいがいエフエム開設の情報は下のリンクが詳しいです。

 

internetcom.jp

 

mainichi.jp

 

 一番詳しい解説が書いてあったのは、アマチュア無線関係のニュースサイトでした。下のリンクから読むことができます。

 

【茨城県の「FMぱるるん」が運営協力中、アプリで全国受信可能】<「ましきさいがいエフエム」89.0MHz/100W>熊本地震でもっとも人的被害のあった益城町に「臨時災害放送局」を開設 | hamlife.jp

 

 「ましきさいがいエフエム」はアプリによって全国で聞くことができるのです。今回の熊本地震で開設されたさいがいエフエム局で、全国で聞けるようになったのは多分「ましきさいがいエフエム」が最初だと思います。

 

 

 ios版のアプリです。

災害FM of using FM++

災害FM of using FM++

  • Smart Engineering
  • ミュージック
  • 無料

 

 android版アプリです。 

play.google.com

 

 今回、初めて知ったのは私が思っている以上にインターネットラジオが多様な形で配信されているということです。企業の参入もあるのです。

 

 ましきさいがいエフエムを全国に配信するためのアプリ「災害FM of using FM++」を開発しているのは、株式会社スマートエンジニアリングで本社は鹿児島にある企業のようです。

 

  株式会社 スマートエンジニアリング

 

 他にもコミュニティFMの配信アプリを数多く手がけていました。災害が起こった時にラジオを送信できるようにするためのハードも開発していて、こういう需要もあるのだなと思った次第です。

 「ましきさいがいエフエム」を全国で聞けるのも、このような会社の製品があってこそなのだなとも思いました。

 

 最後に、さいがいエフエム局がその役割をしっかり果たしていることが記事になっていたので紹介したいと思います。

 

 

www.nishinippon.co.jp

 

 

www.asahi.com