地震とNHKラジオ第一

 昨晩は、NHKのラジオアプリ「らじるらじる」で長い間ラジオを聞いていました。

 

 NHKラジオ第一を聞いていました。被災地熊本では別番組だったかもしれません。

 

www3.nhk.or.jp

 

 夕食どきは、災害対応番組でした。地震情報を報道したり、リスナーの被災情報メールを読み上げて、アナウンサーが丁寧に励ます、共感する。リスナーからこの曲を今聴きたい、というリクエストに対応して音楽を流す。曲調は明るいメッセージソングが多かったように思います(ジャニーズ率が高かったです)

 

 東日本大震災の時は記憶をたどってみる限り、このような編成の番組はもう少し落ち着きを取り戻してからだったような気がします。今回番組を聞いた限りでは、このタイミングで問題はなかったのではないかと思います。アナウンサーの方も落ち着いて発言されていました。

 

 リスナーのメールに共通していたワードが幾つかあって、「地震の恐ろしさ」は共通していました。本当にそう思います。それから「寒さ」を訴えるメールが多かったのが気になりました。

 

 「寒さ」こたえます。寒さは眠らせないし、体力削ってくるし、心も削られるし、圧倒的に消耗させてくるのです。「寒さ」はきついです。本当に。

 

 どうかできるだけ、暖かくして救援を待って欲しいと願っています。

 

 NHK熊本放送局のサイトが災害対応になっています。

www.nhk.or.jp