ツボに入ったので、2度目の紹介です。インターネットラジオ 「THE LOUNGE CHANNEL」

 このインターネットラジオ局は1度紹介しているのですが、今日、流しっぱなしにしていて、とても気持ちよかったので2度目の紹介です。

 

 1度目の記事はこちらです。 

main-sub.hatenadiary.com

 

 前回の記事では、とても「都会的な局」であることを強調していましたね。今回は私のツボに入ったプログラムの漠然とした内容を書いていきたいと思います。

 

 今日4時間くらい流しっぱなしにしていて、いつもより今の曲が少ないのに気がついたのです。流れるのは60年70年代ポップ、またはヒット曲がかかったかと思うと、ボサノヴァが来たり、80年代ポップが来たり、かと思うとフレンチポップが来る。爽やかなフュージョンがかかる、ジャズボーカルが来る。的は絞れないけど聴いていて気持ちよかったです。

 

 ラウンジの局なんで、ロックがかかる時はバラードとかが多いのはいつもの傾向であるとして、今のポップなどはかかることがあるのです。今日の私が聞いていた4時間の間、今のロック、ポップは控えめでした。

 

 ラウンジラジオ局版の「おじさんホイホイ」的な選曲でしたね、今日私が聞いていた時間帯は。ええ、ホイホイされました。でも若い人が聴いても好印象を持ったと思いますよ。

 

 とにかく気持ちがいい。

 

 音楽を流しっぱなしにする、インターネットラジオを聴くと、まれにですがこんなことに出くわすのです。選曲の妙とか、自分の心模様、天気なんかがこう、ビシッと噛み合ってなんとも言えない心地よさを感じるのです。

 

 ラジオアプリは「TuneIn Radio」で

tunein.com

 

聴いていた局は「THE LOUNGE CHANNEL」です。

theloungechannel.com

 

ラジオアプリ「TuneIn Radio」で「lounge」とか検索していただければ、上位くるかと思いましたが、今やってみたらこなかったので「lounge channel」で検索していただければ上位にきます。いい局です。