読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年前のコーヒー本。 「おいしい珈琲をごいっしょに」 甲斐一江

 コーヒー関連本はたくさんあります。本屋さんにもたくさん置いてあるし、図書館にも多くはないけどある感じです。

 一時の発刊ラッシュはすごかったなと、記憶しています。平積みとかはさすがに見かけなかったですが、いい場所に置いてありました。

 

「おいしい珈琲をごいっしょに」は10年弱前に初版が出た本です。コーヒー関連本がたくさんでる前の本だと思います。

  内容はコーヒー豆の選び方、コーヒー器具、コーヒーのいれ方、Q&Aなどです。情報の内容はやや古くはなっています。

 コーヒーの情報がこんなにも絶えることなく、新しい情報が出回ってる状況となっているはやむをえないことなのだろうとは思います。

 

 著者はまず、豆の選び方から書いていきます。スーパーやコンビニの袋売りではなく(もちろん粉は論外)自家焙煎の焙煎豆を勧めます。ここあたりは今は多くの人が知るところとなっていると思います。

 

 器具としては、まず、ペーパードリップを勧めます。その中でも一つ穴のメリタ式、三つ穴のカリタ式を勧めます。

 ドリップ方法が写真つきで解説されています。わかりやすくて、今でも古びていない解説です。

 

 それから、本当に著者オススメのネルドリップのことが書いてあるのですが、写真もなくわかりづらいです。ネルドリップはネルと呼ばれる布を使って珈琲をいれる方法なのですが、文字だけで伝えるのは難しいので写真が欲しかったところです。

 

 ネルドリップを勧めたくて、フレンチプレスというコーヒー器具をちょっと落としぎみに書いてあるので、フレンチプレスが好きな方には納得がいかないかもしれません。

 

 全体として、書いてある情報は古くはなっているものの、約10年前のコーヒー本としてはツボを押さえた良い入門書だと思います。

 

 

おいしい珈琲をごいっしょに

おいしい珈琲をごいっしょに