読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle

再レビュー 「おんなの窓4」伊藤理佐 kindle版

昨日もこの作品について感想を書いたわけですが、パソコンの不調ということもあり中身については全く触れないという、感想としてはありえない文章となってしまいました。 main-sub.hatenadiary.com 今日も引き続き、伊藤理佐さん作「おんなの窓4」の感想を…

プロを感じます。「おんなの窓4」伊藤理佐 kindle版

えーと、すごいんですよ。パソコンの具合が。もしくはブラウザの具合が。書いていた記事が消滅しました。ブラウザが突然閉じてしまう現象で。 一回消えて、がっかりして、それでもめげずに書いていたら、なんと二回目のブラウザ終了。全部消えました。 3度…

思うより、容量がいっぱいになるのがはやいです。「kindle paper white 2015」

以前、こんなブログ記事を書きました。 main-sub.hatenadiary.com kindleを買うのは初めてで、使うのももちろん初めてでした。私は驚き、ちょっと感動し、いろいろ設定を試したりしてまあ気持ち良く使っていたのです。 で、今日kinde paper whiteさんからお…

複数の連載を持つということ。「おんなの窓 3」 伊藤理佐 kindle版

私事ですが、このブログ記事を書いている際ブラウザが突然落ちまして、はい。 ブラウザ落ちると保存していない文章は全部どこかへ消えてしまうのですね、わかっています、もちろん。このブログ記事は第2打目ということになります。 売れっ子エッセイ漫画家…

その時々の面白さ。「おんなの窓 1&2 そうなの独身、まさかの結婚篇」伊藤理佐 kindle版

以前、同じような感想をこのブログに書いたことがあるのです。 自分の身の回りのことや自分に起こったことを面白く書いて何万アクセスされるようなブロガーさんは天才なので、私には真似できないし、真似できるわけもないと。 そして漫画家、伊藤理佐さんは…

この系統の本をついつい買ってしまうのはなぜでしょう?「MacBook 仕事術!」kindle版

買ってしまうんですね、私は。見かけるとついつい買ってしまうんです。この系統の本、画像がたくさん載っている仕事本。好きなんですけど、実際に私の役に立った試しがないのですよ。それでも買ってしまうのです。 今回読んだのは「MacBook 仕事術!」という…

伊藤理佐さんは漫画家さんです。「ステキな奥さん ぶはっ」伊藤理佐 kindle版

伊藤理佐さんのイラスト漫画つきエッセイ本、「ステキな奥さん ぶはっ」を読みました。 雑誌(他にどう呼べば良いのかわからないです)オレンジページの熱心な読者というわけではありませんが、男も安心して読める、女性向けの本です。不信心な読者ではあり…

猫、多めに登場。でもこれは日記かな。「女いっぴき猫ふたり」第2巻 伊藤理佐 kindle版

冒頭に作者はこんなことを書いています。 「ゆるゆるな毎日をゆるゆるとかいちゃった日記みたいなものです」 まさにその通りの漫画です。テーマは特になく、日常が流れてゆくのです。日常と言っても凹凸はありますから、そこをうまく拾っていくのですが、ゆ…

猫が出てくるけど、猫猫している漫画ではないです。「女いっぴき猫ふたり」第1巻 伊藤理佐 kindle版

タイトルが何気なく面白いです。「女いっぴき猫ふたり」女いっぴきが良いですね。 男一匹!という表現はよくあるのですが、女一匹!はあまりないですし。その後に「猫ふたり」と続くのも面白いものです。猫二人!と、人と猫を逆にしてタイトルに しているが…

前巻の流れをそのままに。「まんが親」第4巻 吉田戦車 kindle版

「まんが親」第4巻です。この前、第3巻をこのように書きました。 main-sub.hatenadiary.com 「日記的な面白さ」と書いたのですが、それは今回紹介する第4巻も変わることがなく、第3巻の流れのまま、子育て「日記」漫画として描かれていきます。 漫画家の両親…

お父さんの立ち位置が・・「おかあさんの扉」第4巻 伊藤理佐 kindle版

子育て漫画「おかあさんの扉」第4巻 kindle版です。 ともに漫画家である両親のもとに生まれた、娘さんの成長を中心に描く子育て漫画もいよいよ第4巻、4歳になります。 第4巻で、これまで様々なネタを提供してくれたお父さん(漫画家 吉田戦車さん)が、まあ…

昔、読んだことがある・・はず。「知的生産の技術」梅棹忠夫 kindle版

昔、読んだことがあるはずなんだけど、初めて読んだようなそんな感想を持ちました。あれっ、こんな内容の本だっけ、と。軽く驚きましたよ。 著者の梅棹忠夫さんは1920年京都市生まれ。京大人文科学研究所教授のち京大名誉教授。 「梅棹忠夫」は、一般人、ア…

子育て「日記的」な面白さは続く。「まんが親」第3巻 吉田戦車 kindle版

吉田戦車作「まんが親」第3巻です。 娘さんも育って、幼稚園入園となります。成長は止まることを知りません。ただただ育っていくのです。体も大きくなって、背も伸びて、体重も重くなって、言葉も達者になっていく、その様子が描かれます。 妻である伊藤理佐…

エッセイ漫画家はすごい。「おかあさんの扉」第3巻 伊藤理佐 kindle版

ブログを読んでいて、すごいと思う人たちはたくさんいます。すごいブログの中には「エッセイブログ」と名付けていいようなブログがあって、自分の身の回りに起こったどんな事柄でもすごいネタに変えて、読者をひきつけて離さないようなブログがあります。 私…

コーヒーは好きです。寺田寅彦「コーヒー哲学序説」

コーヒーが好きです。何が好きなのか、どこが良いのかわかりませんが、好きです。 インスタントコーヒー、缶コーヒー、豆を挽いて飲むコーヒー、ファミレスで飲むコーヒー、喫茶店で飲むコーヒー…なんでも好きです。 青空文庫で読む本を探していて、偶然目に…

震災と親 「まんが親」第2巻 吉田戦車 kindle版

子育て漫画「まんが親」第2巻 kindle版です。 震災のあとの吉田家の話から始まります。首都圏の節電事情から妻が実家のある長野県に帰省。羽を伸ばしつつ、寂しさもおぼえる作者。 あの頃の首都圏はそのような状況だったのだなとわかります。「まんが親」は…

2歳ってそうなの? 「おかあさんの扉」伊藤理佐 第2巻 kindle版

子育て漫画「おかあさんの扉」第2巻 kindle版です。 第1巻のブログ記事はこちらです。 main-sub.hatenadiary.com 漫画家の両親を持つ「ムスメ」がすくすくと成長していく漫画の第2巻です。 ムスメが1歳中頃から2歳後半の時期のことが第2巻では描かれています…

父からみた子育て 吉田戦車 「まんが親」第1巻 kindle版

吉田戦車さんの「まんが親」kindle版 第1巻です。この漫画のことは全然知りませんでした。熱心な「漫画読み」というわけではないので、知らなくても仕方がないところです。 以前ブログに書いた 伊藤理佐さん作「おかあさんの扉」に「夫」の人として登場して…

オレンジページのシメの漫画。伊藤理佐「おかあさんの扉」第1巻 kindle版

このブログの筆者は、男性です。しかし「オレンジページ」読んだりします。「オレンジページ」とは何だと思われる方も多数おられると思うので、男性から見た「オレンジページ」とは・・・ 簡単にまとめると「女性、主に主婦層をターゲットにした雑誌。メイン…

広告はあまり気になりません。kindle paperwhite wifi キャンペーン情報つき

最初に上の写真のようなキャンペーン広告が表示されます。その画面をスワイプするとメイン画面になります。 するとメイン画面の下の方にキャンペーン広告が表示されていることに気がつきます。 広告は多くの場合、kindleストアのセール情報やキャンペーン情…

「調べる技術・書く技術」講談社新書 野村進 著 

kindle版読了。 著者の野村進さんは1956年東京都生まれ。ノンフィクションライターです。 全8章からなる本で、長年ノンフィクションライターを職業としてきた者としてノンフィクションを書くにあたっての筆者自身の方法論、技術論、心構え、この本で言いたか…

本を眺める、本を読む

書く、という行為が苦手です。でもブログを始めてしまいました。 自らの退路を断つために無謀にもですよ、はてなブログPROにしました。はてなのユーザーさんならおわかりの通り有料です。 10個のブログが開設できるらしいですけど、無理 絶対無理。 決めたか…